インプラントの治療費は確定申告

インプラントの治療は基本的には健康保険が適用にならない自由診療になります。治療費の内訳は、事前に受けるレントゲン撮影などの精密検査や人工歯根を顎の骨に埋め込む手術代、そして人工歯根の上に装着する人工歯代になります。すべてを合計すると、医療機関によって差はあるものの、1本あたりの平均は30万円から45万円ほどの高額な値段になります。このインプラント治療にかかる費用は、1月1日から12月31日までの1年間に医療費が10万円を超えた場合に受けられる医療費控除の対象になります。医療費控除を受けるには自身で確定申告を行う必要がありますので忘れずに申告したいものです。

治療費は確定申告で医療費控除

インプラント治療は自由診療のため高額な治療費がかかります。インプラント1本につき30~40万円とも言われています。これは確定申告で医療費控除が受けられる対象になっています。年間10万円以上かかった場合に適用されるもので、治療費とそれに伴う交通費が含まれます。必要なものは治療費の領収書、ローンを利用した場合はその写しが必要です。また交通費に関しては領収書があればベストですが、公共交通機関など利用の場合は日付や交通手段、駅名、かかった費用などのメモでも受け付けてもらえます。給与所得者は源泉徴収票が必要です。書類は税務署に取りに行くか、国税庁のホームページでも作成できます。書類は郵送でも構いませんが持参すると間違いなどの訂正がその場でできるので便利です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント確定申告の際の費用 All rights reserved