インプラント医療費控除確定申告

1本当たりの治療費が40万円前後になるインプラント治療ですが、医療費控除の対象になるため確定申告を忘れずにすることでいくらかのお金が戻り、負担を軽減することが出来ます。医療費控除を利用するためには治療や利用した公共交通機関の明細書などが必要になるため、無くさないように保管をしておきましょう。また自家用車を利用した際のガソリン代やタクシー代は税務署が認めるような特別な事情が無い限りは対象にならないので注意が必要です。また1年間の総治療費といっても1月1日から12月31日までの治療費の合計になるので、年をまたがないようにインプラント治療を行うと確定申告をスムーズに進めることが出来ます。

医療費控除ができる確定申告

インプラントの治療は医療費控除を受けることができる治療の一つになっているため、確定申告を行うことで、医療費で支払ったお金の一部を戻してもらうことができます。所得税の支払いの度合いにもよりますが、大幅にお金が戻ってくることが多くなっています。また、インプラント治療以外にも、さまざまな医療費で医療費控除を受けることができるため、支払いを行った医療費のレシートや領収書をしっかりととっておいて確定申告を行うことが大切になっています。市販薬の購入費用も控除の対象になるため、レシートなどを捨てないで保存しておくことが重要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント確定申告の際の費用 All rights reserved